足の臭さと汗の関係

足臭さと汗の関係

足の臭いが気になりだしたらまずは足汗を気にしてみましょう。

 

足の中でも足裏というのは汗を分泌するエクリン腺が大量にあります。ムレたりすれば想像以上の汗がでていて悪臭の原因となります。

 

足にかく汗というのは角質を和らげてしまい古い角質を剥がしていきます。一見すると古い角質が剥がれて良いように思いますが実は悪臭菌を作る元になります。

 

足というのは体の他部位に比べても皮膚が厚いです。角質も厚くアカになりやすい。角質が剥がれてすぐに洗い流すことができれば良いですがそういったワケにもいきません。

 

外に仕事に出ていれば靴を履いたり靴下を履いている時間の方が長いはずです。

 

長時間にわたって大量に溜まった角質やアカは細菌の栄養源となり皮脂と混じり合うことで臭いニオイを発生させます。

 

しかも靴や靴下によって素肌は密閉状態となっているのでより湿気がすごく、細菌の住み良い場所となっています。

足汗予防をするならムレを防止させることから

足臭を予防するなら第一に足汗を軽減させることが大切です。

 

そのためには足をムレさせないこと。
足ムレを予防するには小まめに靴や靴下を脱いで空気に触れさせることが大切。また足を適度に乾燥させることも良いです。

 

しかし、仕事をしていれば小まめに足の換気をすることは難しい。

 

そこで制汗剤を利用して極力、足汗をかかないようにすることも足臭さを予防する一つ方法となります。

 

他にも靴の中に吸収性のあるインナーソールを入れたり、消臭効果の高い靴下などを利用すると良いです。また靴は毎日同じ靴を履くのではなく履いた靴は1日陰干しで乾燥させると細菌の繁殖も抑えることができます。

 

ですから頻繁に履く靴というのは2足持っていると便利です。

 

足臭さが気になってコストもかけたくない方は足のムレ防止から始めてみると良いです。